前へ
次へ

成人式は成人の日かその前日が多いです。

成人の日は1948年に1月15日はおとなになったことを自覚して、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日として設けられました。
2000年にハッピーマンデー法に基づいて、1月の第二月曜日に変更されています。
成人式はその年に満20歳になった新成人のために自治体によって行われる式典です。
式典参加の対象は前年の4月2日からその年の4月1日までに成人になった人です。
成人式の時期は成人の日か前日の日曜日に行われるところが多いです。
地方によっては、ゴールデンウィークやお盆、松の内に行うことがあります。
就職や進学などで、故郷を離れる人が多いので、実家に帰省することが多い、お盆などの休みが取れやすい時期に開催する方が成人式に参加する人が集まりやすいためです。

none

Page Top